引越し業者新宿

引越し業者新宿での1番簡単な選び方

引越し業者新宿

引越し 費用 新宿

引越し価格 新宿

引越し 料金 新宿

引っ越し業者 新宿

 

たくさんある引っ越し業者の中から、一番良い1社を見つけたい。
でも、電話帳やインターネットで調べると新宿区だけでも40件以上ヒットします。

 

こんな多くのお店の中から引っ越し業者を1社だけ選ぶのは、大変な作業です。

 

そこでオススメなのが、引っ越し業者一括見積もりです。

 

1回情報を入力すれば、200社以上の会社から最大で10件を選んで見積もりを取ることができます。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

あなた自身の引っ越し料金の相場はもちろん、最安値の会社も簡単に見つけることができます。
サービスが充実している大手の引越し業者にするのか、価格が安い地元密着の引っ越し会社にするのかは、あなた次第です。

 

良い引っ越し業者を選びたいなら、複数の引っ越し業者の見積もりを比較するのがオススメです。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

引越し料金を安くする方法

 

新宿 引越し 安く

 

引越し料金は荷物の量が同じであればどの月に頼んでも料金が同じというような単純な話ではありません。

 

引越しの件数が最も多いのは3月です。
3〜4月は日本中で新学期のために最も多くの人が移動する時期で、この時期は引っ越しの料金は高く設定されています。

 

この時期の引っ越しは経費がかかるため、もしずらせるなら3月の引越しは避けましょう。

 

 

そして他にも土日祝日の午前中に引越ししたいという人は多いためここも引越しの価格が高めです。
出来るなら平日の午後の引越しがオススメです。
時間指定をしないフリー便であれば、割引をしてくれる引越し業者もありますのでそちらが狙い目です。

 

もし引越しを手伝ってくれる友人がいるなら、トラックとドライバーだけを手配するチャーター便を使うこともできます。
軽トラックをレンタルするという手もありますが、素人だけでは荷物を荷台に上手に載せることが出来ず、何度も往復することになったり、レンタルの時間内に作業が終わらないなどゴタゴタする可能性もあります。

 

遠距離の引越しは、もっとも費用がかかります。
もし時間に余裕があるのなら同じ地域に荷物をまとめて運ぶ混載便を待つという手もあります。
これは配送までに時間がかかるかもしれませんが、費用がかなり抑えられます。

 

 

訪問見積もりのほうがトラブルが少ない理由

 

訪問見積もりはトラブル少ない理由

 

引越しの際に引越し業者に来てもらって見積もりを依頼するのはなんとなく申し訳ない。
できればネットで見積もりしたい。そう思いませんか?

 

最近はインターネットから見積もりを依頼できますが、やはり一度家に来てもらって見積もりを取った方が金額がより正確になります。
引越し費用は荷物の量に比例しますが、それだけではありません。

 

物件の廊下の幅やエレベーターの有無、トラックを停められる場所があるかないかなど様々な着眼点を持っています。
4階の部屋でもエレベーターがあるのとないのとでは、かかる時間と必要なスタッフの人数が変わるのです。

 

ほかにも大きな家具があって玄関から出せないなど、物理的に搬送できないものはベランダからクレーンで吊って運搬することもあるのです。
クレーン車は当日急には用意できませんから、訪問見積もりの際に確認しておくのです。
でもダンボールを置いていく、強引に契約させるなどのトラブルが心配ですね。

 

ダンボールは使わなければ返却できますし、強引に契約されてもキャンセルすることができます。
引越し会社の営業担当から会社の雰囲気もわかりますので、1社だけでなく複数の業者から見積もりを取って比較しましょう。

 

 

引越しの初期費用

 

引越しの初期費用

 

引っ越しにはいろいろとお金がかかりますが、中でも物件の契約料と引っ越し費用が高額です。
専門的な用語も多いのですが、どんなものがあるのか確認してみましょう。

 

賃貸物件を契約する際にかかる費用としては以下のようなものがあります。

 

敷金・礼金・家賃2〜3か月分・仲介手数料・火災保険・連帯保証会社利用費用・カギの交換費用など

 

・敷金は賃貸物件を入居時のように綺麗に直す費用として先に徴収されます。
部屋を綺麗に使えば戻ってくることもあります。

 

・礼金は大家さんに支払われる礼金です。しかし最近は礼金ゼロという物件もありますね。

 

・家賃2〜3か月分の家賃が必要です。
貯金をしている人という判断もできますし、社会問題となっている滞納のリスクが少ないと判断されるのではないかと思います。

 

・仲介手数料は不動産会社に支払う費用です。
法的には〇〇円と決まっていないので会社によって金額が異なり、中には仲介手数料ゼロの会社もあります。

 

・火災保険は集合住宅であれば必ず加入しなければなりません。
火元が自分でない火事でもらい火をした場合でも、残念ながら火元の住民に賠償を求めることはできません。
もらい火でも自己責任となりますので、自分のために加入しましょう。

 

・連帯保証会社利用費用は身元保証の会社に支払う費用です。
以前は家賃滞納のリスクに備えて契約書に連帯保証人を記載するのが一般的でしたが、最近は連帯保証人を立てられない人も増えたため、身元保証会社にお金を払って利用することが増えました。

 

・カギの交換費用は1・5〜2万円ほど費用がかかります。
カギは家族分をスペアキーとして作る人が多いため、一体いくつ作られたのか大家さんにも管理会社にもわかりません。
前住人がマスターキーだけ管理会社に戻して、スペアキーを持っていることも考えられます。
防犯のことを考えても入居時に鍵は交換しましょう。

 

いろいろな費用がかかりますが、どれも意味のあるものだということがわかりますね。

 

引越しと繁忙期

 

引越しの繁忙期

 

3月は引越しの繁忙期です。
綿密に言うと2月の終わりから4月の頭までが繁忙期です。

 

どうして3月が繁忙期なのでしょうか?

 

それは4月の新学期に向けて、引越しする人が3月に集中するからです。
大学受験を終えた新大学生や就職活動を勝ち抜いた新社会人は、新学期から新しい環境に飛び込みます。

 

その準備のために一人暮らしをしたり、寮に入ったり、シェアハウスに入居したりと引越しをするのです。

 

さらに日本の企業は全国展開のところが多く、春と秋に人事異動があります。
春の人事異動がちょうど4月をスタートにするため、やはり3月に転勤・単身赴任のサラリーマンが移動します。

 

これに通常の引越しも加わるのですから、3月の引越しは繁忙期となるのです。

 

繁忙期には引越し業者もスタッフを増やしたり、残業したりして何とか仕事をこなそうとしますがそれでも間に合わない日も。
そういう日は予約を受け入れてもらえないこともあります。
ですから繁忙期の引越し準備は、早めに行ってくださいね。

 

繁忙期は通常期よりも引越し費用が高めに設定されているのも納得です。

 

 

 

 

引越し業者江東 引越し業者北九州